現代医療と漢方の考え方について

肝臓がん原因・症状

肝臓がんの原因は主に以下における肝炎や肝硬変による肝細胞の破壊と再生の繰り返しで起こると言われています。
 
・B型、C型、その他の肝炎ウイルス
・アルコール性肝炎や薬剤性肝炎
 
肝臓がんは「肝細胞癌」と「胆管細胞癌」に分けられますが、主に肝臓がんを発症している方の多くは肝細胞癌になります。
 
肝臓は沈黙の臓器と言われており、初期の段階では、ほとんどの方は自覚症状がなく進行しますが、肝臓がんや癌の原因となる肝炎や肝硬変が進行することで肝臓機能が低下し腹部の痛みや食欲低下、倦怠感や黄疸などが起こりやすくなります。
 
肝臓は栄養貯蔵タンクであり、解毒の臓器でもあります。その機能が低下して更に症状が進行することによって肝機能低下による栄養障害で起こる腹水や、食道静脈瘤の破裂による吐血や下血、アンモニア血症が原因の意識障害等が起こりやすくなります。

肝臓がん現代医学的治療と副作用

肝臓がんの現状の状態や病気の進行に合わせ、切除手術・局所療法(ラジオ波焼灼療法・マイクロ波凝固療法・エタノール注入療法)・肝動脈化学塞栓療法・化学療法(抗がん剤)、放射線になります。
 
その放射線の種類として最近は陽子線治療と重粒子線治療などが注目されており、転移のない固形癌の患部にのみに放射するため体への負担が少ない効果が期待できる治療方法が行われるようになってきていますが、非常の高額な費用と、予約待ちの時間をかなりある場合が多いので自分への効果を含め、問合せと相談が必要でしょう。
 
副作用は患者様によって、起こる症状は異なりますが、骨髄抑制、便秘・下痢、痛み、食欲不振や吐き気などが主な副作用となります。
 
副作用を防ぐには、患者自身の気力、食欲、体力、免疫力を高めていく必要があります。
この4つの条件を満たすことで、闘病生活を楽にしていくことが可能です。

肝臓がんの末期と余命

肝臓がんは治療が難しい癌になるため、肝臓がんの末期と診断された場合にはすでに治療が行えない事が多く、末期の状態であれば5年生存率は、約10%以下になります。
 
更に肝臓がんの場合は大元に肝炎や肝硬変が原因となっていることが多いため、その肝炎や肝硬変を改善させない限り再発のリスクが高まるので末期の状態でなくても生存率が低くなりなります。
 
他の癌では、根治療法をすれば再発の確率などが低くなり、5年以上の経過で完治したと判断されますが、肝臓がんの場合は完治したと判断することが難しい癌になります。

肝臓がんにつかわれる漢方やサプリメントについて

 

 

 

肝臓がんの闘病時の気力、食欲、体力、免疫力の確保の方法を知りたい方

 
 

漢方相談お問い合わせ・アクセス

ご来店頂けるお客様へ

まずはお店にご予約のお電話ください
遠方の方はJR行橋駅までお迎えに上ります

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright 漢方の事なら榎屋相談薬舗. All Rights Reserved.