症状

大動脈弁狭窄症の原因、手術治療、漢方薬での治療例

心臓病である大動脈弁狭窄症の原因、手術治療、漢方薬での
治療例と考え方を漢方薬剤師が解説します。


 

◆大動脈弁狭窄症とは

 
大動脈弁とは心臓の左心室から大動脈(体に新鮮な血液を供給する動脈)の間にある弁です。心臓が収縮すると心臓から、大動脈に血液が送り出されるように弁は開き、拡張すると、大動脈から左心室へ血液が逆流を防ぐために閉じます。
 
この大動脈弁の開口部が狭くなる(狭窄)と大動脈に同じ血液量を送り出すための心臓の力が、通常の場合よりも大きくなることが必要になります。
 
最初のうちは症状がでないことが多くなっています。まず、血液を送り出す力を増やすために心臓の左心室の筋肉が増加し、左心室が大きくなります。
 
実際の症状は運動時に血液が不足することにより胸の圧迫感を感じます。しばらく休むと回復します。進行すると血圧が急に低下して、運動中に失神することがあります。脳疾患の場合の失神では通常めまいやふらつきの症状が先に出ますが、大動脈弁狭窄症ではそういった症状なしに失神が起こります。

 


 

◆大動脈弁狭窄症の三大原因

 

  1. 加齢による大動脈弁硬化症
    大動脈弁の弁そのものが肥厚、硬化して血液のとおりみちが狭くなっていることが大動脈弁硬化症です。60歳前後から弁の肥厚や硬化が始まりますが、実際に大動脈弁狭窄症を発症するのは70歳以降になります。
  2. 先天的な弁の異常
    生まれたときから大動脈弁に異常がある場合には、幼児期には症状がでることは少ないですが、成長するに従って、心臓も成長し、左心室から大動脈に流れる血液量も増えてくることから、成人になってから、大動脈弁狭窄症の症状がでる場合が多くなっています。小・中・高等学校でも、運動部などで盛んに運動をしている時に失神などの症状がでて、大動脈弁狭窄症が分かる場合があります。
  3. リウマチ熱
    リウマチ熱の名前は関節リウマチと似ていますが、全く別の病気です。リウマチ熱の原因は溶連菌に寄る感染を繰り返すうちに、溶連菌に対する免疫が間違えて、自分の組織に攻撃をして起こるものです。
    溶連菌に始めて感染すると「急性扁桃炎」を発症します。高い熱が出て、のどが腫れて食べるものが飲み込むのがつらくなるという症状が代表的なものです。溶連菌による感染は抗生物質を適切に使うと10日ぐらいで回復します。しかし、完全に菌が排除されていない場合に抗生物質の服用を止めてしまうと、再び症状がでてくる可能性が高いのが溶連菌感染の特徴です。再発すると急性腎炎やリウマチ熱を発症する可能性があります。
    ウイルスによるかぜも似たような症状がでますが、溶連菌感染の場合は痛みが強く、発疹がでる場合があります。ウイルスによるかぜには抗生物質を使うことは耐性菌を生むことから、避けるべきです。溶連菌感染の場合には合併症の恐れを考えて、しっかりと抗生物質で治療することが大切です。
    現在ではリウマチ熱は日本ではほとんどありませんが、抗生物質が不足している地域ではまだまだ多い病気で、大動脈弁狭窄症も多くなっています。

 


 

◆大動脈狭窄症の治療

 
根本的な治療は弁を取り替える手術が治療となります。
症状がでていない場合には、定期的な検診を受けて、過剰な運動を避ける事によって、日常生活を送ることができます。症状があれば手術になりますが、合併症など手術のリスクを検討したりすると手術後の予後で変わると思います。年齢による全身状態が悪ければリスクは上がります。重要なのは心臓以外の各臓器が開心術に耐えうるかどうかの評価です。
 


 

◆大動脈弁狭窄症の漢方薬での治療例

 
直接大動脈弁狭窄症を治す薬は西洋医学を含めてありません。進行を止めるために使われる漢方薬としては可能でしょう。 私の80歳の女性患者さんで、人工透析をしながら大動脈弁狭窄症を持った人の漢方薬の処方を仰せつかりました。 人工透析をされていますので、心臓に負担がかかり、心臓肥大になって大動脈弁狭窄症にかかって、大学病院で手術しかないと言われていた方です。 然し小さいお婆ちゃんなので、手術するほうがリスクが高くなるということと遠方まで行かなくてはいけないという事でだましだまし心臓を使っていくようんに漢方薬を処方しました。 
 
血液をサラサラにし、炎症をしずめ、栄養状態も改善し、心臓を元気にして透析にも耐えられるようにしたら、しっかり元気になってくれました。 なぜ大動脈弁狭窄症のなるのか?
それは血液の汚れと血液粘度だと考えています。 そこの対応と現在の症状をとってあげることです。 心臓の病気で困っている方は漢方薬も1つの手ですので、漢方に詳しい漢方薬剤師などの専門家に相談されてください。

 


中尾 典義(なかお のりよし)

榎屋相談薬舗 株式会社 代表取締役
(社) 日本漢方連盟 漢方委員
資格:薬剤師
担当:がんや免疫疾患、なかなか回復困難と言われた様々な病気に対応します。


1968年福岡県行橋市生
岡山大学大学院薬学研究科修士課程修了
元吉富製薬㈱東京研究所にて免疫抑制剤の研究(現田辺三菱製薬)研究所を退職後、漢方を心座右。
▶︎漢方で日本を元気にするパワフル漢方薬剤師のブログ

中尾 典義(なかお のりよし)

■経歴

岡山大学薬学部合成薬品製造学教室卒業後 薬剤師免許取得
岡山大学大学院薬学研究科修士課程修了
吉富製薬(株)東京研究所 創薬研究員(現 田辺三菱製薬(株))
退職後 漢方を志し、福岡市の大賀薬局(株)にて漢方調剤を学ぶ
福岡県鞍手郡の相生会宮田病院で病院薬剤師として勤務。
福岡医師漢方研究会や独学、メーカーの勉強会などで漢方を学び
平成7年に福岡県行橋市で漢方薬局を開局
漢方薬や健康食品メーカーなどの講師、学術顧問を引受け
現在、榎屋相談薬舗株式会社 代表取締役 薬剤師
 

■担当

ガンや免疫疾患、腎臓病、回復困難してる慢性病等(予約制)
 

■自己紹介

昭和43年生まれ
行橋市の相談薬局の4代目として生まれる。
現在福岡市在住
漢方処方の研究と実践、製品開発に取り組む。
大学、大学院、製薬会社研究所にて薬の創薬研究をしていました。 研究者として論理的で積極的に新しい治療薬、治療処方を探索しつつ 漢方薬剤師として現代治療薬の良いところ、漢方薬の多様でファージーなところを 踏まえ、過去様々な患者さんの応対、状況把握を通じて、患者さんに何が最適なのか? 早期回復には何が必要なのか?
その組合せなどをアドバイスし、処方しています。
 

■趣味

自分の漢方薬剤師として患者さんや社会貢献をし続ける、また一度きりの人生ですので、自分のパフォーマンスを発揮する上で、健康回復、病気予防、自分の生命エネルギー向上させることが趣味です。世間で言われている難病など難しい病気の漢方処方を組み立てるのも趣味です。
ビジネスや歴史の本、哲学書や人生訓、経営学の書籍などを読むことが好きで、移動中はもっぱら本を読む時間にあてています。
祖父、曽祖父が陸軍薬剤官として出征していたので、その血を受け継いだと思いますが、 東北大震災で活躍した自衛隊を見て、自分で国家緊急時には何かできないかと思い、予備自衛官になりました。自衛隊と将棋も趣味です。

 

■尊敬する人

ご先祖。漢方の大家として中神琴渓、老子、楠正成、孫子、山田長政など

 

■性格の自己分析

明るく、快活、プラス発想で、思い立ったらすぐ実行するタイプです。その一方で理論的、分析家で、対処法を組み立て困難があっても挑戦していきます。
まず直観力があるので、結論から言葉を始める癖があり、一般の人には理解されにくいことがあります。スタッフや嫁さんより、「あなたは宇宙人みたい。」と言われたことも多々あり。
お客さまから「あなたのお薬で本当に良くなった。」「本当に中尾さんの言うとおりになった。」「中尾さんが本当に患者さんのことを考えて、親切にしてくれるから感謝している。」など良い結果や信頼のお言葉を頂けることが、医療人、薬剤師として嬉しく思います。
自然を愛し、やさしい性格から、人の上に立つ人間で、経営者であり、 医療人としての人生を全うしようと考えています。
 

■お客様と話していて、どんな瞬間がうれしい?

お客さまから 「あなたのお薬で良くなったよ。」  
「中尾さんが本当に親切にしてくれるから感謝している。」 など
良い結果や信頼のお言葉を頂けることが、医療人、薬剤師として嬉しく思います。
 

■和漢方について

我が薬局の家訓に「応病施薬、臨機応変」とあります。『病気に応じて、臨機応変に最適の薬を施す。』これが私たち榎屋相談薬舗株式会社の原点です。 私はいわゆる今の漢方薬については少し問題点があると考えています。 漢方の処方は四千~何百年前という長い時間と挑戦を経て、出来てきました。
しかしその時代の原産地である大陸の風土と生薬成分。現代日本人の食生活、体力、免疫力、体質、生活習慣があまりにも違いすぎると思われ、その古来の大陸の処方でいいのか?という疑問があります。
また弊社に問い合わせに来られる方はさまざまな病院の治療薬を飲んでいます。その場合は体質が変化し、証が壊れます。そのため治る力が低下している現代人は、漢方薬が効きにくくなっているのも事実です。
だからこそ、そのマイナス要素を考えて現代日本人に合う処方を組み立てていかなくてはいけないと思っています。私たちは漢方処方というだけでなく、生薬や動物生薬、食品材料などを組み合わせた最良の組合せの処方を考えていく事に気を配っています。 日本人による、日本人に最適な漢方を。
それが和漢方という考え方です。

 

 

■弊社にお問い合わせくださるお客様へ

榎屋相談薬舗は、創業明治40年 私で4代目の老舗です。
初代からの「応病施薬 臨機応変」の家訓を元に、私どもを頼ってくださる
患者様に、現在の病院での治療経過を踏まえた上での最適解、最適なご提案をさせて頂いています。 弊社スタッフも成長し、まだ若いですが、しっかり人間的成長もしています。 どうぞご安心してお問い合わせください。 全国から多数のご相談を頂きますのでお待たせすることもあります。 そのため、必ずご予約をお願いいたします。
 

■私の研究者としての実績

1)大学院時代 βカルボリン誘導体の不斉合成法
Asymmetric Syntheses of 1-Alkyltetrahydro-.BETA.-carbolines and a 9-Thio Analogue.
CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN. 1991, 39(12):3338-3340
 
2)吉富製薬(株)東京研究所時代 免疫抑制剤FTY720の創薬 
・Synthesis and Immunosuppressive Activity of 2-Substituted 2-Aminopropane-1,3-diols and 2-
Aminoethanols1,2
J. Med. Chem., 2000, 43 (15), pp 2946–2961
3)DESIGN, SYNTHESIS, AND STRUCTURE-
ACTIVITYRELATIONSHIPS OF  2-SUBSTITUTED-2-AMINO-1,3-PROPANEDIOLS: DISCOVERY OF  A NOVEL IMMUNOSUPPRESSANT, FTY720.
https://www.chem.wisc.edu/deptfiles/chem343-gellman/F13_LecNotes/Fingolimod%20discovery.pdf
 
この私が初めて作り出した化合物FTY720(Fingolimod)が田辺三菱製薬(株)より、ノバルティス社に導出され、全世界80か国、難病多発性硬化症患者さん9万人以上が使用しています。 医薬品名(イムセラ / ジレニア)
https://www.mt-pharma.co.jp/shared/show.php?url=https://sodando.jp/ir/kojin/future/imu.html
(FTY720の構造式)
 
※上記の件で田辺三菱製薬(株)より、実績報奨対象となりました。
 

■獲得した特許

1)抗マラセチア剤
(日和見感染症やマラセチア感染などの真菌感染症の治療、予防のための製品の提供)
2)経口投与生成物
(天然由来の生薬を含有し、循環器機能を向上させながら皮膚状態を改善することができる経口投与組成物を提供する。)
 

■今後の研究活動への想い

私は創薬研究者上がりの漢方薬剤師です。 現在の医療には様々な問題があると感じています。 その問題の解決法の一端を今後も研究者の目、漢方薬剤師として患者さんと日夜対応している現場の目、製品を作り出すメーカーとしての目、医師や研究者、スタッフと一緒に活動していくマネージャー、経営者としての目で、よりよい品質と効果を出せるものを今後作り出す予定です。
 現在、私が考えた「榎屋さんの和漢さぷり」シリーズを企画検討中です。
皆様の健康回復にお役に立てることを願っています。
 

■薬剤師免許書

 
 

■雑誌「統合医療で癌に克つ」に掲載されました。

 

■私のブログ「日本の社長をもっと元気にする漢方薬剤師」

 
今後とも温かい目でご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 
 

漢方相談お問い合わせ・アクセス

ご来店頂けるお客様へ

まずはお店にご予約のお電話ください
遠方の方はJR行橋駅までお迎えに上ります

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright 漢方の事なら榎屋相談薬舗. All Rights Reserved.