現代医療と漢方の考え方について

膵臓がん原因・症状

膵臓がんの原因は現状、はっきり判明していませんが、膵炎を繰り返す方や、糖尿病など膵臓に負担がかかっている方が多くみられます。
膵臓は血糖値を下げるインシュリンや消化酵素の炭水化物を分解するアミラーゼ、肉などのたんぱく質を分解するトリプシン、脂肪分を分解するリパーゼなどの消化酵素を出しています。
そのため喫煙、飲酒、肥満、食生活の悪いために起きる生活習慣病の方の方がリスクが高まります。
 
膵臓がんの場合、初期段階では症状が現れません。しかし、癌細胞の進行により大きくなっていくことで皮膜を破り外に出てきたり周囲に広がっていくことで腹痛や黄疸や体重の減少などその他にも様々な症状が起こります。
なかなか発見されにくく、治りにくい厄介な癌の1つです。そのため膵臓癌を悪化させないようにするにも食生活を見直し、膵臓に負担をかけないようにすることが重要だと思われます。

膵臓がん現代医学的治療と副作用

膵臓がんの治療方法としては、基本は手術が効果的で中心になりますが、癌の進行状況や全身の体の状態を見て手術が難しいと判断された場合は抗癌剤治療、放射線治療になります。
 
また、膵臓癌の状態によっては組み合わせた治療なども行われます。通常の治療による副作用として患者さんの体力や病状によって様々ですが、体力低下、倦怠感、吐き気、食欲不振、下痢、脱毛骨髄抑制などが起こります。
 
その副作用を防ぐために必要なのは、患者自身の気力、体力、食欲、免疫力が重要にです。

膵臓がんの末期と余命

膵臓がんは早期発見が難しい癌になり、発見された時点で末期の状態に進行している癌というパターンが多く見られます。また、膵臓がんは癌の中でも悪性度が高いと言われており、早期の段階でリンパ節や他臓器への転移を起こしやすい癌になるため、ステージⅠの状態でも5年生存率は低く、ステージⅣの状態では5年生存率は約10%以下になります。
 
末期の状態の場合、手術が難しく抗癌剤や放射線による進行の抑制や痛みなどの現状起こっている自覚症状の抑制の治療となります。

膵臓がんの時に取り入れたい漢方やサプリメントについて

 

 

 

膵臓がんの闘病時の気力、食欲、体力、免疫力の確保の方法を知りたい方

 
 

漢方相談お問い合わせ・アクセス

ご来店頂けるお客様へ

まずはお店にご予約のお電話ください
遠方の方はJR行橋駅までお迎えに上ります

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright 漢方の事なら榎屋相談薬舗. All Rights Reserved.