現代医療と漢方の考え方について

食道がん原因・症状

食道がんは喉と胃をつなぐ食道の粘膜から発生する癌になります。
主な原因として過剰な飲酒や喫煙や熱い物や辛い刺激が強い食べ物や逆流性食道炎により、胃酸で食道を傷つけてしまう事が原因と考えられています。
 
その為、食道がんの予防として飲酒や喫煙などの生活習慣や食習慣の見直し逆流性食道炎の原因となるストレスやバランスの良い食事を心がけ胃の状態を整えることも大切です。
 
症状として、胸や食道の違和感、胸や背中の痛み、飲食物のつかえ、咳、声のかすれなどの症状です。

食道がん現代医学的治療と副作用

病気の病状や進行に合わせ、基本的には外科手術が行われ、癌の発生部位(頸部、胸部、腹部)によって手術の方法が変わります。手術では癌細胞とリンパ節を含む周囲の組織と食道の切除が行われ、食道を切除後には食べ物が通る新しい経路が作られます。その為、食事の通り道が変わるため、食事量の減少や体重減少などが起こりやすくなります。
 
そのため体力の低下や便秘・下痢、骨髄抑制、吐き気、口内炎、脱毛などの副作用が起こりやすくなります。
 
食道がん治療での体の負担を軽減させるためには、患者自身の気力、食欲、体力、免疫力を高めていく必要があります。

食道がんの末期と余命

食道がんが末期の状態であれば、近くの臓器の肺や胃、リンパ節などに転移が起こっていることが考えられ、胸水の貯留や肺炎、背中や胸の痛み、息苦しさなどの様々な症状が起こりやすくなります。
また食道が圧迫され食事や水分を取ることが難しくなり栄養状態も低下してしやすくなります。
 
食道がんは早期発見では、リンパ節に転移がない状態であれば5年生存率は100%に近くステージⅠでも約85%以上になります。しかし、ステージⅢになると約50%まで下がり更にステージⅣであれば約10%となってしまうため、早期発見が重要となります。

食道がんに使える漢方やサプリメントについて

 

 

 

食道がんの闘病時の気力、食欲、体力、免疫力の確保の方法を知りたい方

 
 

漢方相談お問い合わせ・アクセス

ご来店頂けるお客様へ

まずはお店にご予約のお電話ください
遠方の方はJR行橋駅までお迎えに上ります

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright 漢方の事なら榎屋相談薬舗. All Rights Reserved.